FC2ブログ

タイトル画像

『信仰の結晶と原点としての十字架』(名古屋堀川伝道所巻頭言)

2016.04.27(14:23) 311

『信仰の結晶と原点としての十字架』

 受難週の記事に、どのような経過で記されたのか分からない記事がある。一つは、ゲツセマネの園でのイエスの祈り、もう一つは十字架上において、イエスが二人の犯罪者にかけられた言葉である。十字架上で、一人はイエスをののしり(ルカ23:39)、もう1人はイエスに救いを求めた(ルカ23:42)、とある。これらの言葉は誰も聞くことは出来ず、誰かが伝えたということは考えられない。だが、このように考えられないだろうか、と思う。実は、これらの記述は、原始教会のキリスト者たちが、それぞれの信仰生活の中でイエスの出来事を思い起こして編み上げた、裏切りの後悔や復活への感謝といった様々な感情の動きや祈りの結晶だ、という考え方である。
 福音書が記された時代、キリスト教会がユダヤ教から独立していく過程であり、それは同時に、迫害の経験の積み重ねの時でもあった。ゲツセマネの祈りは、イエスの歩みの思い起こし、あの時イエスは何を祈っていたのか、自分の状況をイエスに重ね、「この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように。」(マルコ14:36)と祈った一人の弟子の祈りではないだろうか。また、十字架上のイエスと二人の犯罪者の対話、迫害の中において、教会を離れ、棄教する人も当然いただろう。そして、「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ」(ルカ23:39)と主イエスを罵倒する人の言葉であり。またそれとは逆に、どんな迫害の中においても、神やイエスを呪うことなく歩んだ人は、「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」(ルカ23:42)と祈った言葉と思える。
 受難週の物語は、キリスト教における信仰の原点である。そして同時に、原始教会における十字架へのイエスの歩みに思いを寄せた様々な祈りと記憶の結晶であると言えないだろうか、と感じている。

1604blog3.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↓ブログランキングに参加しています。
    よろしかったら、クリックして下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村哲学・思想ブログキリスト教へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポンサーサイト


周縁自体


<<『分裂が和解に、終わりが始まりに』(使徒言行録2:1-11) | ホームへ | 「罪人にこそ救いがある」(ルカ5:27-32)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nantaro3.blog119.fc2.com/tb.php/311-2ae9feff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)