FC2ブログ

タイトル画像

安中教会&足尾銅山ツアー(4/足尾銅山&エピローグ)

2012.11.14(11:29) 173

二日目の朝です。

AA23.png
朝を迎えたコテージです。良い天気です。
そして、左下に見えるのは、二日間の足となってくれた
レンタカーのウィッシュです。
なかなか良い車だと思いました。

AA24.png
朝日に映える妙義山です。ほんとに妙な形ですよね。

AA25.png
そして、2時間半ほど走って、足尾銅山に着きました。
イメージより、あまりにホンワカした感じ。
わたしは2度目ですが、場末感を残しながらも、
少しずつ新しくなっていますね。
また、新しい施設らしきものも建築中でした。

AA26.png
坑内へと入るトロッコに乗るための駅(?)で
お出迎えしてくれた人々。びっくりしました。

AA27.png
トロッコです。そんなに距離は乗りませんが、
手作り感が、なかなか良かったです。

AA28.png
トロッコを降りた正面の坑道。全部で1200キロメートルあるらしいですが、
かなり明るいサーチライトで照らすのですが、まったく奥の方は見えません。

AA29.png
坑道1。

AA30.png
坑道2。

AA31.png
資料館がありますが、最後には関連の年表が記されておりました。
一枚だけですが、興味深かったのは、田中正造の写真と記述があったこと。
オンでもオフでもつながっているTakeさんによれば、
以前は全く田中正造の名前は無かったとのこと。
それとはずいぶん変わったということですね。(※この件は後述します)

AA32.png
坑道の入り口です。


そして、わたしの勘違いもあり、どうしようかなあ、と思っていたところ、
近くに足尾歴史館という施設があり、せっかくなので立ち寄りました。
が、ここで意外にも豊かな資料と話を聞くことができました。
足尾歴史館のホームページです。
http://ashiorekishikan.com/

歴史館の方に説明を受けながら、館内の展示を見て回りました。
最初にお時間の希望はと問われ、1時間ぐらいと答えたところ、
2時間でもしゃべっていられる、とのお言葉。

AA33.png
実際に説明が始まりますと、2時間ぐらいかかりそうだったので、
途中で田中正造さんについて聞いてみたい、とお願いしたところ、
田中正造が写っている写真の前で説明してくださいました。
写真の中央で襟巻きをしているのが、田中正造です。
政治家として視察に来たときらしく、他にも議員がいて、
警備のために警察や足尾銅山の警備員(ほとんど地元警察)もいたということです。

AA34.png
そして、これは鉱毒の除去装置。効果は期待下ほどでは無かったそう。
これと遊水池において、鉱毒を除去しようとしたのですが、
結果的に、期待されたほどの効果はなかった、ということでしょう。

総論的な話ですが、興味深かったのは、この施設の皆さんが、
足尾銅山の最盛期のことを誇りに考えていること。
東京や横浜と並ぶぐらいの繁栄をしていたこと、
国内どころか世界一の採掘量を誇っていたということ。
そして、そうした繁栄と公害の過去が現在とつながっているということです。

戦前や戦中の写真が飾られていましたが、
地元の人たちには、自らの親や祖父母だったりして、
名前がわかる人には付箋がしてあったり。
また、「田中正造」の名前を出したら、
聞いてもいないのに、「この施設は中立です」というお言葉を頂いたり。
鉱山の運営会社のオエラサン方の写真もありました。

過去がまだ歴史になっていない、という感じでしょうか。
田中正造の名前が足尾銅山の年表にあらわれたことは一つの変化でしょうが、
どれだけ時間が経ったとしても、田中正造や鉱毒の被害の描き方に関しては、
プレッシャーがあるだろうなあ、と感じました。

そして、レンタカーに乗って八王子駅まで。
おおよそ3時間の旅。けっこうちかれました。
レンタカーを返して八王子駅で解散~。

AA35.png
でもって、ついつい町田駅からロマンスカーに乗車してしまいました。
小田原へ向かいます。


おわり。
スポンサーサイト


周縁自体


<<『創造の主が来られる』(マタイ福音書3:7-12) | ホームへ | 安中教会&足尾銅山ツアー(3/富岡製糸場&ストーブ)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nantaro3.blog119.fc2.com/tb.php/173-460c51cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【安中教会&足尾銅山ツ】

二日目の朝です。朝を迎えたコテージです。良い天気です。そして、左下に見えるのは、二日間の足となって
  1. 2012/11/22(木) 16:32:49 |
  2. まっとめBLOG速報