FC2ブログ

タイトル画像

宮崎駿さんの言葉

2013.08.27(07:30) 231

もう一回、「風立ちぬ」を見に行きたいなあ。昨日のテレビ番組の中での宮崎駿さんの言葉に震えました。
3.11大震災より3ヶ月後の言葉。宮崎さんは、被災地を訪ねて、「空襲の後のようだ」とコメントした。
わたしも5月に現地を訪ねたとき、戦争、空襲を知らないけれども、同じ感想を持った。

宮崎駿さんがスタジオ・ジブリデの会議で語った言葉
「もっと物質的にも時間的にも窮迫した中に生きなきゃいけなくなるだろうと思うんです。/その時に自分たちは何を作るのか。/少なくとも(それが)十分予想されるときに/前と同じようにファンタジーを作って/女の子がどうやって生きるのか、ということでは済まないだろうと思いました/「風立ちぬ」というのはですね、実は/激しい時代の風が吹いてくる/吹きすさんでくる/その中で生きようとしなければならないという意味です/それがこの時代の変化の対する/自分たちの答えでなければならないと思います」(2011/6/30)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↓ブログランキングに参加しています。
    よろしかったら、クリックして下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村哲学・思想ブログキリスト教へにほんブログ村地域生活(街)関東ブログ小田原情報へ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト




周縁自体


2013年08月
  1. 宮崎駿さんの言葉(08/27)
次のページ
次のページ