FC2ブログ

タイトル画像

旧約聖書と新約聖書

2012.01.08(21:19) 117

旧約聖書と新約聖書 (シリーズ神学への船出)旧約聖書と新約聖書 (シリーズ神学への船出)
(2011/11/25)
上村 静

商品詳細を見る


ようやく読了。

ひさびさの上村節に、震えましたね。やっぱり熱い。
聖書の入門書で、熱くさせるのは、なかなかいないでしょう。
そして賛否両論がある本でもあるでしょう。

しかし、一般社会、企業、学校、にしても、
宗教団体にしても、人間集団において、
批判がゆるされない団体は死んだも同然。

上村節の「いのち」が生きている本だと思います。
「終章」ならび「あとがき」にも触れられていますが、
3.11震災、日本国内における保守化、宗教の右傾化について触れている。
こうした時代意識を持って記されていること。
入門書という本では珍しい。

読了感としては、ただ知識を得たというだけではなく、
ボールを投げられた感じ。何を投げ返すか?
本当に強く広く問われました。

スポンサーサイト

周縁自体


2012年01月
  1. 旧約聖書と新約聖書(01/08)
次のページ
次のページ