FC2ブログ

タイトル画像

日本基督教団終了~

2010.10.28(20:26) 64

火曜日から3日間の日程で行われていた
教団総会が終わって、昨日、帰宅しました。

記録としての内容は、このブログ(ようこそ川崎教会へ)で読めます。
(注:総会に関する記事の掲載は、10月31日一杯まで)

今回の教団総会は、当初の予想通り、というよりも予想以上にひどかった。

1日目の冒頭、教師の解職に関しての議案も
教憲教規に違反しているという理由で、上程もされず否決。
しかし、3日目では、実質的改憲の内容なのに、
副議長の都合の良いように、議案が分割され、上程されて、可決。

聖餐の執行方法により当該牧師は免職の戒規を受けていますが、
教区としても議員として認めているのに、受け入れない。
それに関する異議は聞かない、ということでしょう。
その一連の手続きに関しても、多くの疑義が提示されているのに、です。
また教団として多大な人権侵害を犯してしまいました。
教団にとって聖餐と教憲教規は、人一人の存在(命)よりも大事なようです。
 (暴言かも知れませんが、すみません…)

さらに選挙も全数連記。
説明しますと、400名の議員から
27名の常議員(教団内における国会議員のような存在)を
選ぶのに、400名が27名の候補を記すというやり方です。
ようするに、51%の人が同じ名簿に記された
27名を記せば、51%の人の意向に従った、
27名の代表者会議が出来上がるということです。
49%の人の意志は無視できます。

もうむちゃくちゃ。
法も民主主義も倫理観さえありません。
本当に何も出来なかったことを口惜しく思います。

まあ、しかしこんな異常事態も
裏の政治状況を考えてみると、容易く理解出来ます。
一方が対話をしようとしても、他方が切り捨てようとしていれば、
そんな対話は成り立ちません。

そのうち、全部書きたいですね。

本当に教会の会議というのには、とても恥ずかしい教団総会でした。

教団総会が終わったのではなく、
これまでの日本基督教団が終わったのでしょう。

合同教会ではなく、教派教会へ。
各個教会に仕える教団ではなく、各個教会を従わせる教団へ。

新しい日本基督教団のこれからの2年間に
主なる神の導きと憐れみがあることを祈ります。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




周縁自体


2010年10月
  1. 日本基督教団終了~(10/28)
次のページ
次のページ