FC2ブログ

タイトル画像

くらがり渓谷に行ってきました

2016.07.23(21:15) 315

岡崎茨坪伝道所のイベントで岡崎市にあります「くらがり渓谷」へ行ってきました。

こんなの↓
1607b1.png

当日は、お話も担当するのですが、その次の日もお休みとなれば、
行ったこともない場所なので、ちょっと不安でしたが、
一泊してみようかな、と思い、ミニログハウスの予約を取りました。

昼間のお仕事。教会関係の子どもたちが一杯集まりました。
川遊びをする前に、ちょっとしたメッセージ。
ルカ12:22〜27(「烏のことを考えてみなさい」)から、
イソップ童話の「おしゃれなカラス(王様になりたかったカラス)」を題材にお話ししました。
1607b2.png

しばらく川遊びをして、お昼ご飯を食べてから、スイカ割り。
割られたスイカでっす。
1607b3.png

遊んだ河原を下流から、流れもあまり強くないわりには、
段差もあって、子どもたちが遊ぶには、
とってもちょうど良い場所で、また来てみたいです。
1607b4.png

その後、午後2時ぐらいには解散して、一度自動車に戻って、荷物をもって
借りたミニログハウスまで行きました。
外観はこんな感じ。
1607b5.png

お約束のバーベキュー。
ミニログハウスに隣接する場所で、楽ちん。
全部、材料を切っていったので、楽ちんでした。
1607b6.png

子どもたちとたき火を囲んで、
日が落ち、だんだんと闇が深くなっていく時間を楽しみました。
そして、たき火の火も最後を迎え、就寝。
1607b7.png

次の日の朝、荷物をまとめて、撤収。
1607b8.png

今回のために購入したニューアイテム!
ドッペルギャンガーのキャリーワゴンが役に立ちました。

何せ、ミニログハウスまで、傾斜はさほどでもないのですが、
砂利道を15分ほど、上がっていかなければなりません。
自然保護の観点から、くらがり渓谷全体が、自動車で入ることは出来ません。

帰りは下り坂で良かったのですが、
行きは、子どもたちと3人で一生懸命、運びましたが、大汗をかきました。

それに、テントサイトでは、火をたけず、
他の場所へ行かなければならないなど、
いろいろ制約もありました。

昼間は若者や家族連れで、
川にしてもバーベキュー場など、満席。
鮎の手づかみなども楽しめますし、
子どもたちは大喜びでした。

が、デイキャンプでは良いけど、
じっくりたき火を楽しむことが
好きな私としては、泊まることはないかなあ、と。

また、そのうち訪ねたいと思いまっす。

追記:
くらがり渓谷のホームページでっす。
http://www.kuragari.jp
(くらがり渓谷キャンプセンター)
 正式な地名(?)としては、闇苅渓谷らしいでっす。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↓ブログランキングに参加しています。
    よろしかったら、クリックして下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村哲学・思想ブログキリスト教へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト

周縁自体


タイトル画像

大山に行ってきました

2012.08.08(20:00) 152

家族で大山登山にチャレンジしてきました。

ヤビツ峠の駐車場まで自動車で行き、
山頂を目指します。


Oyama1.jpg
駐車場からの登山口です。バス停もありますが、1日2本ってところです。

Oyama2.jpg
登り口付近から風景です。

Oyama3.jpg
最初は誰でも元気。

Oyama4.jpg
やほー

Oyama5.jpg
上を見上げて頂上よりは、下を見ながら出会うお友達に夢中な2人

Oyama6.jpg
2人が限界になったので、途中で後戻りしましたが、そこからの風景。
半分ぐらいかな。

帰りは下の子をおぶって下山。トレーニングみたいになってしまった…。

Oyama7.jpg
自動車でも帰宅途中にあった展望台よりの写真です。平塚方面。

Oyama8.jpg
二宮方面。

Oyama9.jpg
そして、小田原方面でっす。

ちなみに上の子は、5歳。
下の子は、2歳半。
上の子だけだったら、登頂できたかな。二歳児にはちょっと辛い、かと思います。

次回は、登頂するぞ~。


周縁自体


タイトル画像

吾妻山公園に行ってきました

2012.05.04(18:08) 130

何もない日だったので、前々から気になっていた二宮にあります
吾妻山公園に行ってきました。
N教会の牧師も誘って、5人でした。
思ったよりも、きつい階段で、日頃の運動不足からか、
ふーふー言ってしまいました。
上の子(4歳)は、自分で上がってくれるのですが、
下の子(2歳)は、3分の1ぐらいは歩いてくれましたが、
それ以外は、抱っこ。
3歳児ぐらいには昇るのは辛いかなあ、という道のりですね。
階段を15分ぐらいあがりましたね。

吾妻山1
山頂の広場から見た我が町小田原。


吾妻山2
海。


吾妻山3
大人100円、子ども0円の滑り台。
上の子は、あっという間に友だちを作って、
一緒に滑っていました。



吾妻山4
ループもある。
気分的には六甲山の新六甲大橋みたい。(言い過ぎかも…)


吾妻山5
山頂の芝生広場です。


良い運動にもなりましたし、
気分転換にも良かったです。

また、行こうと思います。

周縁自体


タイトル画像

明日は、焼きそば

2010.10.22(21:19) 63

明日は、母校の神学校、農村伝道神学校のオープンキャンパスです。

朝8時から教会員も連れて、出席です。
春の段階から時間は空いているか?と確認が来ていたので、
行かないわけにはいきません。

担当は焼きそば。

夏から秋にかけて、バーベキューやバザーなどで、
焼きそばを焼く機会ってけっこうあります。

やっぱり、どうせ焼くのであれば、美味しく焼きたい。
肉はしっかり焼かなければいけない。
野菜は切り方かな、麺にはソースが
しっかりと染み渡っている、そして隠し味など。

ポイントはいろいろとありますが、
しかし、おいしさは見えません。
そういった意味で、バザーとかの場所で大切なのは、
音!と動き!ですよね。

ソースをかけると同時に、大胆に焼きそばを踊らせ、
ジューっと音を立たせて、においをまき散らす!

ようするにパフォーマンスかな。(服装も大事かも)

しかし、焼きそばはバザーなどでは、
材料費が高くて、利益を上げるのが難しいメニューでもあります。

来年はチヂミに挑戦してみたいなあ。

周縁自体


タイトル画像

キャンプ場の下見

2010.06.08(07:34) 34

小田原教会の夏のキャンプに向けて、下見に行ってきました。
小田原周辺、箱根や南足柄、丹沢…
まあ今回は、近さと気軽さを基本にして考えています。

覚え書きのために書いておきます。

なみのこ村
教会から一番近い。海沿い

マウントブリッジ

丹沢湖の北側。

ウェルキャンプ西丹沢
露天風呂などもあって施設が充実

丹沢湖キャンプサイト

丹沢湖畔。コテージもある。

河内川ふれあいビレッジ

大井松田ICより30分の川沿い。

ひだまりの里
オートキャンプが基本。家族連れ向けかな。

番外編
ふもとっぱら
ちょっと遠いけどいつか行ってみたい

E-camp
キャンプ場のリンク集

今年の夏は、いろいろと行けたら良いなあ。

周縁自体


アウトドア
  1. くらがり渓谷に行ってきました(07/23)
  2. 大山に行ってきました(08/08)
  3. 吾妻山公園に行ってきました(05/04)
  4. 明日は、焼きそば(10/22)
  5. キャンプ場の下見(06/08)
次のページ
次のページ