FC2ブログ

タイトル画像

「シン・ゴジラ」見てきました。

2016.09.07(20:09) 320

シン・ゴジラ、見てきました。

ナショナリズム喚起。自衛隊賛美。
憲法改正による緊急時の法整備を謳っている、など。
いろいろ言われています。

そして、おそらく見る人が何に興味を持っているか、によって
いろいろと評価も感想も分かれる映画ではないだろうか。

私の感想を一言で言えば、
「エヴァンゲリオン」と「(初代)ゴジラ」のオマージュ作品。
ところどころに、知っている人ならば、
クスッと笑ってしまうような場面や音楽がちりばめられている、と
いうのが感想です。

音楽は、初代ゴジラとエヴァンゲリオンのものを
使っているなあ、と思うことが何カ所もありました。

全体の構成に言えることですが、エヴァンゲリオンの
「ヤシマ作戦」、また、エヴァンゲリオンにおける
作戦本部とエヴァとシトの戦いの関係をモデルとしているようで、
また、あらゆる場面で、場所や戦闘機や戦艦の名前が
明朝体で示されていたが、これもエヴァンゲリオンの真似っこ。

そして、これはエンディングに関わることですが、
人間の原子力(核)に対する無力さを示していると思いました。

庵野さん、東日本大震災の後、映画ヱヴァンゲリヲンの第3作を
作っていますが、震災が起こったことによって、
予定とはまったく違う内容となった、と言っています。

ゴジラに無力な国家と人類。
そうした姿は今も継続しているフクシマの有り様を
示しているように思いました。
そうした意味では、この「シン・ゴジラ」は、
「初代ゴジラ」が提示した課題を受け継いでいると思う。

庵野さんはエンターテイメント作品として、
この映画を作ろうとしたどこかで聞いたが、
本当にその通りだと思う。

エンターテイメント作品とは、
そこに登場するキャラクターや人物に対する憧れを生む。
そうした意味で言えば、強い国家や強い自衛隊を
求める気持ちを喚起することは確かだろう。
だが、意図しているのかは別にして、それだけでも無いように思う。

ポスターには、「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)。」とコピーがある。
技術の発展によって、映像には現実かと紛おうばかりのリアルさがある。
そして映画のストーリー自体もリアリティに富んだものと
言えるかもしれない。しかし、本当にそうだろうか、と感じる。

この映画、現実は逆である、という事実。
フクシマ原発事故という「現実(ゴジラ)」と
それに対してまったく解決策を持たない「虚構(ニッポン)」と
図らずも示したのではなかろうか。

現実に存在する原発の問題、また未知の課題に
上っ面では解決しているようにさせながらも、
まったく解決できずにいる日本。

ただ問題の先送りだけを繰り返している日本の姿を
逆に映し出したのかもしれない、と感じる。

最後に、映画は、あくまで虚構でしかない。

この「シン・ゴジラ」、あくまで「(初代)ゴジラ」と「エヴァンゲリオン」の
オマージュ(尊敬を込めて真似ること?)である。
映画のオマージュはどこまで行っても映画であり、
いつまでも現実であるはずがない。

ただ、現実のような映画こそ、すばらしい映画ということになろう。
そういった意味で、この「シン・ゴジラ」はどう評価されるだろうか。
ゴジラの存在は、あくまで虚構である。
だが、ゴジラによって映し出される「人」の姿は、
現実としか思えない、と感じることがある。

この映画の中で、ゴジラという存在に、
右往左往するだけの「人」は紛れもない現実の人であった。
ただ、後半になるにつれ、ゴジラに対応できるよう
変化していく「人」は、現実の人と言えるだろうか。

そこまでいうと褒めすぎか、な。

何しろ、様々な感想の一つとして。


(※ 最後を少し追加しました)

160907bg.png 160908bg.png

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↓ブログランキングに参加しています。
    よろしかったら、クリックして下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村哲学・思想ブログキリスト教へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポンサーサイト

周縁自体


タイトル画像

キリスト教(教会)関係の映画 パート1

2014.11.11(16:20) 263

ちょぴっと間が空きましたが、キリスト教関係の映画をアップ。

とは、言っても、なかなか判別が難しいところがありますね。

で、一応、映画の舞台として、現代ではない歴史となっているものと、
とりあえずの舞台が現代になっているものをあげてみました。

まあ、作品の選択も、とっても主観的。
わたしが好きなモノだけあげてます。

そのうちにパート2、パート3をあげますので、とりあえず!というところです。

ま、歴史的な人物をテーマ、主人公をしたものとして、名前が挙がりやすいですかね。
聖フランシスコを主人公としており、さらに言われというか伝説に忠実な作品で、
わたしも好きです。
ブラザー・サン シスター・ムーン [DVD]ブラザー・サン シスター・ムーン [DVD]
(2006/11/02)
グラハム・フォークナー、ジュディ・ボーカー 他

商品詳細を見る


これは、ある種のキリスト教批判の作品と言えるかもしれませんね。
南米における西洋の植民地支配とキリスト教伝道のあり方。
作品はかなり正確な歴史考証が行われていますが、
南米におけるキリスト教伝道とその歴史を
かなり凝縮した形で描かれています。とっても好きです。
ミッション HDニューマスター版 [DVD]ミッション HDニューマスター版 [DVD]
(2010/03/19)
ロバート・デニーロ、ジェレミー・アイアンズ 他

商品詳細を見る


これには、原作があり『薔薇の名前』という小説の映画化です。
修道院の図書館内における文書を巡る殺人事件がテーマ。
キリスト教における教義とは何か、組織とは何か、といったことを考えさせられます。
似たような舞台とテーマを持つ小説として、堀田善雄が『路上の人』があげられるでしょう。
薔薇の名前 特別版 [DVD]薔薇の名前 特別版 [DVD]
(2010/07/14)
ショーン・コネリー、クリスチャン・スレーター 他

商品詳細を見る



〜〜〜ここから現代モノ〜〜〜〜

これは、聖職者としての姿勢を問われる作品でした。
盲目の牧師と同居することになった女性の物語です。
ヤコブへの手紙 [DVD]ヤコブへの手紙 [DVD]
(2011/09/30)
カーリナ・ハザード

商品詳細を見る


ま、これはキリスト教社会だからこそ出来るパロディ映画ですね。
わたし自身は、神学生時代に神学校の友人たちと大笑いをしながら、見ましたが…。
笑える人と笑えない人がいるでしょうね。
ドグマ [DVD]ドグマ [DVD]
(2001/03/23)
ベン・アフレック、マット・デイモン 他

商品詳細を見る


これは、アメリカの福音派教会の夏の「ジーザス・キャンプ」のドキュメンタリー映画です。
ブッシュ元大統領(息子)の時代のアメリカです。
子どもたちを集めて、限られた状況の中で行われるキリスト教伝道。
「キリスト教原理主義」といった副題がつけられていますが、
福音の内容として限られた形での保守的な価値観が加えられて、伝えられます。
私はそうした価値観や教会のあり方は、好みません。が、違う人もいることは確かですね。
ジーザス・キャンプ ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~ : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD]ジーザス・キャンプ ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~ : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD]
(2011/01/26)
アニプレックス

商品詳細を見る


続きは、またそのうちに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↓ブログランキングに参加しています。
    よろしかったら、クリックして下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村哲学・思想ブログキリスト教へにほんブログ村地域生活(街)関東ブログ小田原情報へ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


周縁自体


タイトル画像

新約聖書関係の映画(イエス関係)

2014.07.26(15:25) 262

新約聖書関係の映画をアップします。

さすがにイエス関係は一杯ですね。
これだけでも一部でしょう。

また、好みも分かれます。
私は『ジーザス・クライスト・スーパースター』が好きですが、
嫌いな方もおられるでしょう。

『パッション』は、あまりの単調さに眠たくなりましたが、、
やっぱりこれ!という方もおられるでしょうね。

『最後の誘惑』も、公開時には、キリスト教会からは
大きな反発がありましたが、大きな問いを投げかけている、とも言えます。

『ベン・ハー』はイエスか?キリスト教か?という話はありますが、
貼っておきました。

ま、いろいろということで。

〜〜〜〜〜〜〜

キング・オブ・キングス [DVD]キング・オブ・キングス [DVD]
(2003/06/03)
ジェフリー・ハンター、シオバン・マッケンナ 他

商品詳細を見る



パッション [DVD]パッション [DVD]
(2004/12/23)
ジム・カヴィーゼル、モニカ・ベルッチ 他

商品詳細を見る



最後の誘惑 [DVD]最後の誘惑 [DVD]
(2006/04/19)
ウィレム・デフォー、ハーベイ・カイテル 他

商品詳細を見る



ジーザス・クライスト=スーパースター(1973) [DVD]ジーザス・クライスト=スーパースター(1973) [DVD]
(2014/03/05)
テッド・ニーリー、カール・アンダーソン 他

商品詳細を見る



ナザレのイエス [DVD]ナザレのイエス [DVD]
(2008/08/29)
アンソニー・クイン

商品詳細を見る



新約聖書 ~ヨハネの福音書~ [DVD]新約聖書 ~ヨハネの福音書~ [DVD]
(2010/12/03)
クリストファー・プラマー

商品詳細を見る



偉大な生涯の物語 特別編 [DVD]偉大な生涯の物語 特別編 [DVD]
(2006/12/16)
マックス・フォン・シドー、チャールトン・ヘストン 他

商品詳細を見る



新約聖書 ~イエスと二人のマリア~ [DVD]新約聖書 ~イエスと二人のマリア~ [DVD]
(2013/12/04)
アンドレーアス・ピーチュマン、アリッサ・ユング 他

商品詳細を見る



奇跡の丘 ニューマスター版[DVD]奇跡の丘 ニューマスター版[DVD]
(2009/08/05)
エンリケ・イラソキ、マルゲリータ・カルーソ 他

商品詳細を見る




ベン・ハー 特別版 [DVD]ベン・ハー 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
チャールトン・ヘストン、スティーブン・ボイド 他

商品詳細を見る



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↓ブログランキングに参加しています。
    よろしかったら、クリックして下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村哲学・思想ブログキリスト教へにほんブログ村地域生活(街)関東ブログ小田原情報へ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


周縁自体


タイトル画像

旧約聖書関係の映画

2014.06.26(14:40) 261

やっぱりお仕事上というわけではないのですが、
気になっていた映画『ノア 約束の舟』を見てきました。

聖書(創世記)に描かれたノアそのままか、と言われれば、
ずいぶんと違うように思います。
ノアとアブラハムとヨブのテーマ(神学?神義論)を合わせたような内容でした。
 ↓
映画『ノア 約束の舟』のホームページ


それと、かなり重かったので、疲れました。

そんなこともあって旧約聖書関係の映画(DVD)を
リストアップしてみました。
Amazonで出てくるものなので、偏っているかもしれませんが…。

半分ぐらいは見ているかな。

〜〜〜〜〜〜
天地創造 [DVD]天地創造 [DVD]
(2010/08/04)
マイケル・パークス、ウラ・ベルグリッド 他

商品詳細を見る






十戒 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]十戒 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/06/20)
チャールトン・ヘストン、ユル・ブリナー 他

商品詳細を見る



プリンス・オブ・エジプト [DVD]プリンス・オブ・エジプト [DVD]
(2011/11/25)
ヴァル・キルマー、レイフ・ファインズ 他

商品詳細を見る





プリンセス・オブ・ペルシャ ~エステル記~ [DVD]プリンセス・オブ・ペルシャ ~エステル記~ [DVD]
(2011/05/27)
ティファニー・デュポン

商品詳細を見る



サムソンとデリラ [DVD]サムソンとデリラ [DVD]
(2011/02/15)
ヴィクター・マチュア、ヘディ・ラマー 他

商品詳細を見る



ソロモンとシバの女王 [DVD]ソロモンとシバの女王 [DVD]
(2011/06/22)
ユル・ブリンナー、ジーナ・ロロブリジーダ 他

商品詳細を見る



ソドムとゴモラ [DVD]ソドムとゴモラ [DVD]
(2007/11/30)
リチャード・ハリス、バーバラ・ハーシー 他

商品詳細を見る



ノアズ・アーク [DVD]ノアズ・アーク [DVD]
(2003/07/24)
ジョン・ボイト、メアリー・スティーンバーゲン 他

商品詳細を見る



番外かも。
もう中古しかないみたいですねえ。
手塚治虫の旧約聖書物語 第1巻 [DVD]手塚治虫の旧約聖書物語 第1巻 [DVD]
(1997/05/16)
有本欽隆、寺内よりえ 他

商品詳細を見る



追記:2つ追加(14/6/28)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↓ブログランキングに参加しています。
    よろしかったら、クリックして下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村哲学・思想ブログキリスト教へにほんブログ村地域生活(街)関東ブログ小田原情報へ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


周縁自体


タイトル画像

「風立ちぬ」2回も見てしまいました!

2013.09.17(15:42) 234

2回目の鑑賞に行ってしまいました。
同じ映画を2回、見に行ったというのは、初めてかな。

2回も見に行ったのは、ほんの短いシーンである震災の場面を見たかったからです。
本当に1人1人を描いていて、その姿勢に感服しました。



〜以下、教会報に掲載予定の文章です。直しを入れる予定ですが〜
(映画の話にちょこっと聖書の話をくっつけただけという感じですが…)

『風立ちぬ』
「町で角笛が吹き鳴らされたなら/人々はおののかないだろうか。町に災いが起こったなら/それは主がなされたことではないか。まことに、主なる神はその定められたことを/僕なる預言者に示さずには/何事もなされない。獅子がほえる/誰が恐れずにいられよう。主なる神が語られる/誰が預言せずにいられようか。」(アモス書 3:6〜8)

 宮崎駿監督作品の『風立ちぬ』という映画を見た。ゼロ戦の設計者である堀越二郎を主人公としたスタジオジブリ作品には珍しい実在の人物を主人公(モデル)とした作品であるが、もう一人、堀辰雄という作家の作品、歩みもモデルとされている。作品の感想としては、おそらく主人公「堀越二郎」という存在に大正から昭和初期の歴史というものを描き出したかったのだろう。その「すぐれていたところ」も「足りなかったところ」も込めたかったのではないか、と思う。
 「風立ちぬ」という題名だが、もう一人のモデルの堀辰雄が描いた、結核療養所における恋人との出会いと別れという作品に遡る。その作中に「風立ちぬ、生きめやも」という詩が登場する。もともとフランス語の詩であり、直訳すれば、「風が立った。生きることを試みなければならない」という意味であるが、「生きめやも」には、「生きられない」と「生きようじゃないか」という相反した2つの意味が同時に含まれている、と言われる。
 天地を創造し、「光あれ」と語り、イエスという人格としてこの世に現れた主なる神。常に、私たちの先を歩み、私たちの行動の基点であり、私たちを動かしている。また、堀田善衛が評論集『空の空なればこそ』の中で、引用した旧約聖書の言葉「凡て汝の手にることは力をつくしてこれをせ」(伝道の書9:10/文語訳)も、与えられている今を生きる私たちのあるべき姿であると言えよう。先の映画は、戦争の道具の設計者を描くことに批判もあった。しかし、あの時代である。私たちは生きる時代を選ぶことは出来ない。東日本大震災の後、日本の歩みは、地下の地盤が動き出しているのと同じように、これまでとは同じようにはいかないと感じている。主なる神は、人に「息(ルーアッハ)」を吹き入れられることで、命を与えられた。今という時、わたしたちがなすべきは何なのだろうか。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↓ブログランキングに参加しています。
    よろしかったら、クリックして下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村哲学・思想ブログキリスト教へにほんブログ村地域生活(街)関東ブログ小田原情報へ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

周縁自体


小説/映画
  1. 「シン・ゴジラ」見てきました。(09/07)
  2. キリスト教(教会)関係の映画 パート1(11/11)
  3. 新約聖書関係の映画(イエス関係)(07/26)
  4. 旧約聖書関係の映画(06/26)
  5. 「風立ちぬ」2回も見てしまいました!(09/17)