FC2ブログ

タイトル画像

歴史と死者を利用して〜幕末と大河ドラマ〜

2015.01.13(20:01) 284

歴史と死者を利用して〜幕末と大河ドラマ〜
 ※日本基督教団神奈川教区靖国天皇制問題小委員会巻頭言

 幕末の歴史がけっこう好きで、さらに旅好きなところもある私です。坂本龍馬像が建つ高知県の桂浜、また明治時代ですが、松山城の隣にある「『坂の上の雲』ミュージアム」を訪ねたことがあります。また昨年は、木戸孝允、中岡慎太郎、坂本龍馬の墓がある京都の京都霊山神社を訪ねました。
 井上真央さん主演による大河ドラマ『花燃ゆ』が始まりました。幕末期に長州藩において、多くの志士たちを育てた吉田松陰の妹を主人公にして描かれるドラマです。今後の展開も楽しみに見ていますが、登場人物として、後に夫となる久坂玄瑞(げんずい)や高杉晋作、伊藤博文、桂小五郎、後の木戸孝允などが登場してくるでしょう。先の『龍馬伝』や『八重の桜』同様、見始めました。
 そんな中、こんな報道があることを知りました。大河ドラマのほとんどは、主人公の選定から始まるらしいのですが、この作品の場合は、場所から決められていたというもの。つまり現政権の安部首相の地元、山口県という場所を最初に設定し、それから主人公が決められたというのです。要するに、NHK側が安倍首相の地元の「地域おこし」のため、安部首相の吉田松陰好きに従って選定した、という報道でした。
 幕末史における長州藩は、今風の言葉でいえば、「嫌異国」であり、攘夷を強く訴え、一度は、薩摩藩との対立もあり、朝廷の守護役の座を追われ、朝敵に陥ってしまう藩です。しかし、坂本龍馬の働きにより、幕府を倒すことを目的に、一番の敵であった薩摩藩と同盟を結びます。それから歴史は、大政奉還、王政復古、戊辰戦争といったページを経て、明治政府が創設されます。長州藩の志士、伊藤博文は初代内閣総理大臣となり、長州藩の志士たちは新政府を支える役割を担っていくことになります。
 歴史に「もしも」は禁句かもしれませんが、疑問に思うことがあります。それは、なぜ大政奉還から直接に新政府に移行しなかったのか、ということです。徳川幕府が政権を返上し、朝廷の一家臣(藩)に下れば、それだけでも良かったはずで、かなり歴史も異なっていたでしょう。が、徳川家を追い落とそうとする長州藩と薩摩藩の意向によって、反幕府の動きが盛り上がり、戊辰戦争が起こってしまいました。それにより、多くの犠牲者が生まれ、福島県の会津藩は壊滅的な被害を被り、多くの犠牲者を生み、その悲劇が『八重の桜』で描かれました。(ちなみに、その歴史の禍根からか、福島県の会津若松市は、山口県萩市からの友好都市提案を拒否したといいます)
 おそらく『花燃ゆ』において、吉田松陰にしても、他の長州藩の志士たちにしても、江戸時代の古い体質を打破して、新しい歴史を切り開いた功労者として描かれることでしょう。しかし、異なる視点から見れば、明治維新とはクーデターであり、長州藩の志士たちは、手段を選ばないテロリストであるとも言える人々です。
 最初に京都霊山護国神社を訪ねたことを紹介しましたが、神社は京都を見下ろす傾斜に建てられ、維新のために命を落とした志士たちの墓碑が並んでいます。斜面の一番上には、長州藩の実力者であり、明治政府でも活躍した木戸孝允の墓があります。そして坂本龍馬と中岡慎太郎の墓碑は、入り口近くの一番下、石像と共に立てられています。神社としては、坂本龍馬を一番の看板とし、祭りも行われています。
 そこで、一歩引いて考えてみたいと思います。土佐藩は、平和的に政権を移行する方策であった公武合体を目指しており、坂本龍馬も徳川幕府を倒すことには反対していました。であるにもかかわらず、立場の異なる両者が、そのように同じ場所に祀られることによって、核心的な意見の違いは無視され、「明治維新=倒幕」であり、それは必然であった、という歴史理解を補完する役割を果たしているようにみえます。そして、その位置関係(龍馬像=一番下で入り口・木戸孝允=一番上)には、長州藩の意志によって、そうした歴史理解が作られたという事実を物語っていると感じられます。
 また、長州藩の志士たちの精神的支柱であった吉田松陰は大東亜共栄圏の基となる大アジア主義を唱えていたといいます。その教え子である伊藤博文がハルピンにて朝鮮人の民主運動家に暗殺された、というのは偶然でしょうか。(伊藤自身、暗殺された時点には併合に反対であったという説もあります)
 吉田松陰を尊敬する安部首相は、憲法九条による平和主義国家としての日本の歩みを大きく変えようとしています。まるで徳川幕府を倒した長州の志士たちのような気持ちなのかもしれません。最近、その姿勢が批判されることが多いNHKが、この時勢において、長州藩の志士たちをどのように描くのでしょうか。良い悪いを抜きにしても、物言わぬ死者を利用し、現政権が進めようとする改革のために、歴史上の人物を描こうとするのでしょうか。靖国神社の性質にも関わる課題として考えてみたいと思います。

参考HP:
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/3a8a74dc513a3c583219779216bb2539


1501yn1.jpg
 坂本龍馬と中岡慎太郎の墓碑

1501yn2.jpg
 同所から眺めた京都の町並み

1501yn3.jpg
 墓地の入り口に立てられた坂本龍馬像と中岡慎太郎像

1501yn4.jpg
 土佐藩士たちの墓碑(左が久坂玄瑞、一つ開けて右側が高杉晋作の墓碑)

1501yn5.jpg
 最も高い位置にある木戸孝允の墓碑

※原稿の中に、間違いがあり、訂正致しました。
 文中「松山城」とありますが、
 「姫路城」と間違えておりました。
 お詫びして、訂正させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↓ブログランキングに参加しています。
    よろしかったら、クリックして下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村哲学・思想ブログキリスト教へにほんブログ村地域生活(街)関東ブログ小田原情報へ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


スポンサーサイト

周縁自体


タイトル画像

安倍首相の靖国神社参拝に対する抗議文(第二案)

2013.12.27(16:18) 247

第二案です。

******
2013年12月27日
内閣総理大臣 安倍晋三 様
日本基督教団神奈川教区社会委員会
ヤスクニ・天皇制問題小委員会

 過去の誤った歴史の歩みを否定し、戦争を賛美する道に繋がる靖国神社参拝に対し厳重に抗議いたします。

 2013年12月26日午前中、安倍首相が靖国神社を参拝されたことを報道によって知りました。靖国神社は、戦時中、国家による戦争の犠牲者たちを慰霊することで、国家の戦争の罪過を無化し、日本が行う戦争を正当化させ、更なる犠牲者を生み出す一種の「装置」でありました。戦後は、その神社の姿勢に対して、戦争犠牲者の死を悼む施設であることとは、別に、戦争の推進者としての責任を持つ政治家が参拝することは、侵略戦争の罪過との関係で問題があるのでは、という疑義がありました。が、昭和天皇が定期的に行っていた参拝を止めるきっかけとなったA級戦犯の合祀からは、参拝という行為自体が、過去の戦争の過ちを正当化するという性格をはっきりさせ、政治家、閣僚、首相の参拝は何度も問題となってきました。
 靖国神社は、アジア太平洋戦争において天皇を中心とした全体主義国家となっていた戦時中の日本において、とても大きな役割を果たしました。今回の行為は、過去の戦争の反省に基づき築かれてきたアジア諸国との関係、国際社会での立場を破壊することに繋がります。日本の国際社会における地位は、朝鮮半島や中国大陸への侵攻によって始まったアジア太平洋戦争と呼ばれる戦争を起こした反省を基にあります。認識の違いや内政干渉といった意見、歴史の評価の問題、立場の違いなどといった形での反論もなされますが、国際社会における関係の基に関わることであることをしっかりと認識すべきであります。
 現在、韓国と中国との間には領土問題を抱えております。緊迫した関係が固定化している状況において、安倍首相としては、安易な人気取りのため、また参拝によってあまり情勢が変わることが無いという考えから強行されたのでしょうが、中・韓国両国の姿勢をより強固なものとさせ、お互いのナショナリズム的な感情に油を注ぐ行為であります。平和主義を謳った憲法を奉じる日本の首相として相応しい行為でしょうか。またアメリカや欧米諸国も、このことをトップニュースで伝えました。その中で、特にアメリカは、「失望している」といった強い反応を示しております。
 わずか1年(366日)で総辞職した(06-07年)第一期安倍内閣が掲げたスローガンの一つに「戦後レジームからの脱却」といった言葉がありました。それによって行われたのは、教育への国家の介入をもたらす「教育基本法改正」や「防衛庁の省への昇格」でした。また今回の政権においても、小さくない批判があるなか全体主義への危惧が大きい特定秘密保護法の可決を強行しました。そして自民党が掲げている憲法草案においても、過去の戦争への反省と罪過が削られ、再び悲惨な戦争へ突き進む可能性を孕んでいます。
 今、まず日本の首相としてなすべきことは、福島原発事故の早期の収束や未だ避難の立場に置かれている人々の生活に対する具体的な対策ではないでしょうか。過去の歴史や目の前の現実を忘れることや無視することから、希望ある未来を描くことは出来ません。どうか、希望ある平和な東アジア、また世界の平和のための行動を心がけていただきたい、と思います。まず、そのために靖国神社への参拝を今後一切行わないことを約束し、関係諸国と遺族へ謝罪していただくよう強く求めます。


周縁自体


タイトル画像

安倍晋三首相が強行した靖国神社参拝に対する抗議と要望(第一案)

2013.12.27(12:43) 246

あくまで案であり、さらに全面改定致しますが、
備忘録として、残しておきます。

******************

内閣総理大臣 安倍晋三 様

抗議と要望(第一案)


日本基督教団神奈川教区
ヤスクニ・天皇制問題小委員会
○○○○

 2013年12月26日、午前中、安倍首相が靖国神社を参拝されたことを報道によって知りました。そのことについて、あまりに歴史を知らない日本の首相として、また政治をつかさどる一個人としても、まったく誤った行為であることと思い、満腔の怒りと深淵の悲しみ、そして曲がりなりにも68年間、戦争の災禍に襲われなかった日本の平和な歩みが壊れてしまうことへの危惧をもって、抗議いたします。

 現在、韓国、中国とは領土問題を抱えており、緊迫した関係の中において、こうした行為は、首相個人としては、自らの政治的姿勢、心情を表す行為として強行したのでしょうが、両国はあくまで政治的な行動として受け取るでしょう。そうした中で、一層関係を悪化させることは目に見えています。
(中国:『安倍首相の靖国神社参拝について、「強く抗議し、厳しく非難する」との談話を発表した。』〔読売新聞〕http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131226-OYT1T00522.htm
(韓国:『韓国政府関係者は「参拝など絶対にあってはならない。日韓関係をどうしたいのか、とにかく理解できない」と述べた。』〔朝日新聞〕
http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312260098.html?ref=com_top6_2nd


 またアメリカや欧米諸国も、このことをトップニュースで伝えました。欧米諸国としては、東北アジアの平和と安定を脅かす行為として見ているのでしょう。特にアメリカは、「失望している」といった強い反応を示しております。また、FNNの報道によれば、アメリカ側としては、11月の時点で靖国神社の参拝について、「「オバマ大統領が理解を示すことはない」、「日本の評判を落とし、日本のアジアにおける影響力低下を招く」などと、厳しく反対されたという」ことです。
(アメリカ:『米国は失望している』〔AFPBBnews〕
http://www.afpbb.com/articles/-/3005688?ctm_campaign=topstory
(アメリカ:『この際、アメリカ側から、「オバマ大統領が理解を示すことはない」、「日本の評判を落とし、日本のアジアにおける影響力低下を招く」などと、厳しく反対されたという。』〔FNNネットワーク〕http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00260356.html


 安倍首相は、参拝に関するインタビューで、靖国神社に祀られている戦没者に対して、「日本のために尊い命を犠牲にされたご英霊に対して尊崇の念を表し、そして御霊(みたま)安らかなれ、と手を合わせてまいりました。」とコメントし、更に境内の鎮霊社を訪ねたことに触れ、「鎮霊社は靖国神社に祭られていない全ての戦場に倒れた人々、日本人たちだけではなくて諸外国の人々も含めて、全ての戦場で倒れた人々の慰霊のためのお社で あります。その鎮霊社にお参りをいたしまして、全ての戦争において命を落とされた人々のために手を合わせてご冥福をお祈りし、そして二度と再び戦争の惨禍 によって人々の苦しむことのない時代を作る、その決意を込めて不戦の誓いをいたしました。」とコメントしております。
(記者団との質疑前文:『そして二度と再び戦争の惨禍によって人々の苦しむことのない時代を作る、その決意を込めて不戦の誓いをいたしました。』〔毎日新聞〕
http://mainichi.jp/select/news/20131227k0000m010039000c.html


 しかし、靖国神社にA級戦犯が祀られていることや批判に対しては、「説明する」の言葉しかありません。中国も韓国も靖国神社が単なる一宗教施設であれば、参拝することに関して、是非を問うこと、抗議をすることなどないでしょう。が、それが行われるということは、安倍首相が靖国神社に参拝することが現在のアジアの秩序、信頼関係を破壊する行為だからです。

 靖国神社は、アジア太平洋戦争において天皇を中心とした全体主義国家となっていた戦時中の日本において、とても大きな役割を果たしました。そうした戦争において全体主義的な国家状況において果たした役割の問題を、歴史の評価の問題、立場の違いなどといった形で、語ることは許されていません。どのような思いであったとしても、参拝という行為自体、現在の世界秩序ならび東アジアの秩序を形づくったサンフランシスコ平和条約(1952)、日韓平和条約(1965)、日中共同声明(1972)などの基となっている日本が起こして侵略戦争であったことへの謝罪を靖国参拝は踏みにじる行為であり、あなたはこれまでの発言の中において、歴史修正主義的な発言を繰り返し、問題が大きくなるとその態度を曖昧にする、という行動を繰り返しておられます。しかし今回、そうした曖昧な態度を補完する形で行われた靖国参拝は、安倍首相が日本が行ったアジア諸国への侵略の歴史を否定する首相である、ということをアジア諸国に知らしめたのです。

 欧米諸国は、先の秘密保護法案の内容やその可決に至ったプロセスに危惧が投げかけられていました。前近代的な法律である、などといった批判を受けていましたが、今回の参拝は、そうした政権運営と相まって、その危惧がより大きなものとなっています。アメリカとしては、靖国神社への参拝に関して、以前から危惧を明らかにしていました。10月に来日したケリー国務長官とヘーゲル国防長官が千鳥ヶ淵戦没者墓苑に献花して、「日本の防衛相がアーリントン国立墓地で献花するのと同じように」とコメントしたことからも、安倍首相の靖国神社参拝に対して、危惧を覚えていることを示し、また最大限の配慮を持って、接していたのに、そうした配慮を踏みにじったことになるでしょう。
(『NYタイムズが「特定秘密保護法は反自由主義的で下品な法」と批判』〔DailyNOBORDER〕http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131101-00010003-noborder-soci
(米国務長官らが千鳥ヶ淵墓苑で献花:『同行した米国防総省高官は記者団に対し、千鳥ヶ淵戦没者墓苑はアーリントン国立墓地に「最も近い存在」だと説明。ケリー国務長官とヘーゲル国防長官は「日本の防衛相がアーリントン国立墓地で献花するのと同じように」戦没者に哀悼の意を示したと述べた。』〔AFPBBNews〕http://www.afpbb.com/articles/-/3000736


 安倍首相、あなたは最初に総理大臣になったとき、わずか1年(366日)で辞任なさいました(2006-07年)。辞任に関しては、健康的要因が主な原因とされていますが、政権がスローガンとして打ち立てた「美しい国」や「戦後レジームからの脱却」といった看板を掲げて行ったのは、教育への国家の介入をもたらす「教育基本法改正」や「防衛庁の省への昇格」でした。今回の政権は、2012年の総選挙や2013年度の参議院選挙において「日本を取り戻す」また「TPP反対」などのスローガンを掲げていたはずです。しかし、今現在進められている改憲の動きや秘密保全法の制定は、戦前・戦中の日本を取り戻し、TPPに慢心する姿勢は、良い悪いは別にして国家社会主義とも表現される安定していた日本的資本主義を売り渡そうとしているように思います。

 そうした姿勢は、日本全体の政治不信を生み出し、投票率の低下、政治への無関心を生み、より悪い方向へと向いていますが、そうした社会のあり方もあなたの思い通りです。司法の立場(裁判所)から選挙結果が憲法違反だと指摘されても、無視してやりたいことだけをやろうとしています。そうした姿勢は、あなた自身の首相としてというよりは、政治家としての資質の問題を考えざるを得ません。

 中国や韓国との国際関係、また国内における福島原発事故や原子力政策に対する態度、また沖縄への新しい基地建設の動き、なんらかの政治的心情で動いているというよりは、相手の利益と自分の利益を天秤にかけて、その天秤を上下させることで、下がったときに自分の利益を取るような一種のゲームに見えてしまいます。そのためのコマとして税金が使われている。その政治手法自体が国民に対する大きな裏切りとも思えます。

 そうしたゲームのような政治によって生まれるマイナス要因、政治的不安定は誰が負うべきなのでしょうか。後の世代や弱い立場の人の方に渡らされています。あなたの政治ゲームによって生まれる放射性廃棄物や米軍基地、経済政策のための莫大な財政赤字、誰が負担するのでしょうか。国際社会においても、同じ方法を取ろうとしているようですが、それが通じるでしょうか。「一方において譲るから、もう一方は取ります」とか、逆に「一方は取るから、もう一方は譲ります」というのは、成熟した大人の論理とも思えず、真っ当な政治家のあり方でもありません。今回の靖国参拝も、秘密保護法案の成立や沖縄での辺野古の埋め立て承認によってもたらされる支持率低下に対抗するため、安易な支持率確保のために行われたように感じます。また本当の意味で、「英霊に感謝している」ともおっしゃっていますが、靖国神社でさえ、あなたにとっては、支持率確保のため、自分を正当化するための道具に過ぎないのでは無いでしょうか。

 そうした形で進んでいく。国際的地位の低下、関係諸国との関係悪化に怒りと恐ろしさを覚えます。「説明する」とおっしゃっていましたが、なんらかの具体的な方法が頭にあるわけではなく、ゲームですから、おそらく自分の意見を投げるだけでしょう。希望があるようには思えません。

 最後に要望をお伝えします。どうか、自分の行為に関する責任は、自分で払っていただきたい、と思います。あなたが舵を取る国家がどこへ進むのか。とても希望に溢れた未来が来るとは思えません。どうか、しっかりと関係諸国ならび遺族の方々に謝罪し、責任を取って辞任していただきたい、と思います。それが日本のためであり、同時にアジアのため、世界のためであります。そして、「安倍晋三」という個人が、責任ある政治家としての最大の働きを果たすことが出来る唯一の道であると思います。どうか、よろしくお願いします。


周縁自体


タイトル画像

『転倒した歴史認識と天皇制』/ヤスクニニュース30号巻頭言

2013.06.24(22:59) 215

転倒した歴史認識と天皇制

ヤスクニニュース30号巻頭言

※ 神奈川教区のヤスクニ天皇制問題小委員会発行のヤスクニニュースに掲載した巻頭言です。

 四月から五月にかけて、天皇制と歴史認識にかかわる政治家の言動が続いている。一つ目は、沖縄からの批判を受けながらも、安倍政権が強行した「主権回復の日」である。この行事の執行自体に、安倍政権が持っている保守性と憲法を変えるための一つの主張である「現在の日本国憲法は押しつけられたものである」という主張を補完する意図があるが、注目したのは、その式典の中で起こった「天皇陛下万歳」である。参加した自民党議員が発声したと言われているが、この行事に異議を唱え、地上戦において多くの犠牲を生んだ沖縄県を代表とする少なくない戦争を知る人々の感情としては、「天皇陛下万歳」と声をあげて、亡くなっていった者たちのことが思い起こされるであろうし、今上天皇自身の本意でも無かっただろう。安倍首相も同調したそうで、挨拶の言葉の中では、「沖縄の辛苦にただ深く思いを寄せる努力をなすべきだ」とは思いを寄せた姿勢を見せたが、その言葉の軽さが露呈した事柄であった。
 また、もう一つは橋下徹大阪市長によって行われた一連の「従軍慰安婦」に関係する発言である。内容の是非について論ずるのは余りにも稚拙なので触れないが、五月二七日に日本外国特派員協会行われた会見において、米軍ならびアメリカ人に対して謝罪する一方で、「従軍慰安婦」に関する発言に関しては持論を展開するだけであったことである。
 これらの二つの事柄に共通しているのは、戦争の記憶の風化、アジア諸国との関係における歴史理解の未熟さと言わざるを得ないが、もう一つあるのではないか、と感じている。橋下大阪市長に関しては女性の尊厳を傷つけるような発言を、世界各国の軍隊に必要なこととして矮小化し、自らの考えを正当化しようとしている。また安倍首相に関しては無批判に突発的に起こった「天皇陛下万歳」に倣ってしまうのは、沖縄の思いに対する無理解もあるが、同時に天皇や英霊と呼ばれる存在に対する「敬意」や「哀悼の誠」が如何に自己目的的、自己中心的なものに過ぎないかを示していると言えないだろうか。
 両者とも同様に、改憲論者である。そんな二人が思う日本国憲法の至らなさとは何であろうか。彼らにとって、もっとも憎むべきと考えているのは、先の大戦の反省に立つことを謳う日本国憲法前文と戦力による平和を選び取らない宣言の九条の存在であろう。二人共まったく同じ考え方を持って、アメリカにはしっぽを振り、アジア諸国に対しては、慰安婦問題を終わったこととしてあしらう。しかし「押しつけ憲法論」に立つのであれば、もっとも憎むべきはアメリカであるはずが、まったく転倒してアメリカに食ってかかるようなことはせず、謝罪している。そんな彼らの行動には、本当に天皇制や靖国神社を重んじているようには感じられない。さらにいうのであれば、自分の目標のために担ぐだけの道具に過ぎないだけではないか。そして、これこそ近代天皇制の本質なのだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ↓ブログランキングに参加しています。
    よろしかったら、クリックして下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村哲学・思想ブログキリスト教へにほんブログ村地域生活(街)関東ブログ小田原情報へ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


周縁自体


ヤスクニ天皇制問題
  1. 歴史と死者を利用して〜幕末と大河ドラマ〜(01/13)
  2. 安倍首相の靖国神社参拝に対する抗議文(第二案)(12/27)
  3. 安倍晋三首相が強行した靖国神社参拝に対する抗議と要望(第一案)(12/27)
  4. 『転倒した歴史認識と天皇制』/ヤスクニニュース30号巻頭言(06/24)